産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 脱産後太り!産褥体操って?

脱産後太り!産褥体操って?

◆産褥体操の効果って?
産褥(さんじょく)体操とはおもに産後8週ぐらいまでの体が回復していく産褥期に行い、妊娠や出産によっておとろえた筋肉を無理なく鍛えて産後の回復を促す体操のことです。正しく行うことで腹筋や肛門挙筋などが鍛えられますので尿もれの改善や血行促進、疲労回復、さらには母乳の出をよくする効果があります。

体操を行う目的はあくまで妊娠や出産によるダメージの回復を促すことですが、産褥期から筋肉を鍛える習慣をつけておくことで代謝を無理なくあげることができ、体型を戻しやすくなるという利点もあります。

◆産褥体操はいつからできる?方法は?
産褥体操は回復途中の体でも行えるよう考えられていますので、適した運動ならば産後1日目から始められます。しかし出産によって体はかなりダメージを負っていますので無理のない範囲で行ってください。

1日目は仰向けに寝転がって深く腹式呼吸をしたり、お尻をギュッと締め付けるようなちょっとした運動がメインです。2日目は少しだけ負荷をかけるようになり、仰向けに寝たまま首だけ起こしておへそを見る運動や、肩を回したりします。産後4日目、5日目には立ったまま行う運動も取り入れられ、足を開いて上体を倒し、ゆっくりあげていくようなものがあります。

大体産後8週間ぐらいまでの間に段階的な運動メニューが組まれており、確実にこなしていくことで子宮の回復や骨盤の痛みなどがかなり改善されるようです。できるだけ産後の体型を早く戻したいと思っているのであれば、早めに体操を始めてみるといいかもしれませんね。ただ絶対に無理のないよう、体調を見ながら行うようにしてください。