産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 産後すぐのお母さんの過ごし方

産後すぐのお母さんの過ごし方

◆1ヶ月健診まではとにかく赤ちゃんの世話に専念!
産後すぐのお母さんは自分が思っている以上に体力もなく、とても疲れやすい状態です。さらに母乳育児をしている場合は母乳を作り出さなくてはいけないため、知らず知らずのうちに体力を使ってしまっているのです。さらに長い妊娠生活や出産によって骨盤が開いてしまったりで体のあちこちに痛みを感じることも多く、思い通りに動けない人がほとんどです。

そんな状態なのですから、1ヶ月健診が終わるまではとにかく体力の回復と赤ちゃんの世話に専念しましょう。この間に無理をすると産後の肥立ちが悪くだけでなく更年期障害が重くなるなど、のちのち悪影響が出てきてしまう可能性があります。授乳などお母さんしかできないことのみやって、ほかのことはパートナーや手伝いに来てくれている家族などに任せて横になっているのが望ましいです。とくに出産後血圧が高くなってしまったり、子宮の回復の経過があまりよくないと医師に言われている場合はなおのこと横になり、ゆっくりしていてくださいね。

さらにこの時期の赤ちゃんは少しの体調不良が命に関わることもありますので、いち早く異常を発見できるよう、お母さんが近くにいてあげることも大切になってきます。お母さんのためだけでなく赤ちゃんのためにも、この時期はゆったりと体力回復につとめましょう。

  ← 前の記事:   次の記事: