産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 母乳育児を目指すなら、貧血の治療が大切です

母乳育児を目指すなら、貧血の治療が大切です

◆血液は母乳を作り出す材料です
多くの人がご存知のように、母乳の材料はお母さんの血液です。体内の血液を母乳にかえて分泌していますので、血液が不足してしまうとやはり母乳の量も減ってしまいます。

とくに出産時に出血が多かった人は一時的に多量の血液が失われてしまったため母乳よりも体の回復の方に血液を回してしまうことが多いようで、母乳が少なくなってしまう傾向にあるのだとか。さらにもともと貧血でない人はあまり自覚もありませんので、産後に処方された鉄剤を服用しただけで終わってしまうことが多く、そのまま貧血が継続していることも多いのだそうです。

そこで食べ物やマッサージなど、いろいろ気をつかっているのになかなか結果が出ないのであれば一度病院で貧血検査を受けてみることをおすすめします。

◆貧血の治療は女性にいい効果がたくさん
女性に多くみられる貧血を治療することは、母乳以外にもたくさんいい作用をもたらします。疲れも取れやすくなりますし、立ちくらみやめまいの改善も期待できます。さらには血色をよくしたり、目の下のクマも消えるのだそうです。

なによりうれしいのがハリのある、美しい肌や髪を手に入れられることです。貧血で不足しがちな鉄分はコラーゲンの生成に大きく関わってくる成分のため、これを補うことで肌だけでなく髪の毛のハリやツヤを取り戻して見た目年齢を若返らすことも夢ではないかもしれません。

このように、貧血を治療することは母乳だけでなく女性にとって欠かせないことと言えます。貧血と診断されたら、きちんと治療を行ってきれいなお母さんを取り戻してくださいね。