産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 要注意!産後のお母さんにNGなことは?

要注意!産後のお母さんにNGなことは?

◆とにかく体を冷やさない!
妊娠中にも言われていたことかもしれませんが、体を冷やさないことは産後にも気を付けたいことです。とくに産後はホルモンバランスの乱れや母乳育児による貧血によって普段以上に体が冷えやすくなっていますので、注意してください。

冬はもちろん夏でも知らない間に体が冷えてしまうことがあるため、つねに靴下をはくようにしたり温かい飲み物を飲むなど、体をあたためるようつとめましょう。冷えは体力の回復を妨げるだけでなく、風邪をひきやすくさせてしまいますのでいいことはひとつもありませんよ。

◆冷えだけじゃない!NGなこといろいろ
冷え以外に気を付けて頂きたいのが、髪の毛や骨盤のケアです。産後の体型維持のために産後すぐからガードルなど、開いた骨盤を矯正するものを着用する人が多いと思います。販売されているほとんどのものが腰のあたりを強く締め付けて骨盤の位置を戻そうとするようですが、この締め付けが産後にはあまりよくないのです。

産後の体は純粋に骨盤が開いている状態というわけではなく、腹筋など筋力も衰えてしまっています。そのため、筋力が落ちている状態で締め付けても正しい位置には戻らず、ゆがんだままになってしまうのだそうです。なので産後すぐからやたらと骨盤を締め付けたりはせず、まずは落ちた筋肉を鍛え直すことが先決なのです。

そしてもうひとつ気を付けて頂きたいのが髪の毛のケア。産後はホルモンバランスの乱れによって、かなりの数の人が抜け毛の増加を実感します。そのため頭皮も敏感な状態になってしまっていますので、産後すぐのパーマやカラーリングは避けた方がいいでしょう。妊娠中に我慢していた人も多いかとは思いますが、無理に行うと余計に悪化してしまうこともあります。できれば抜け毛が落ち着くまでは、控えた方が無難です。

このように産後のお母さんは見た目以上に繊細で、まだまだ出産によるダメージが残っている状態です。無理をしすぎず、体をいたわることが大事ですよ。