産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 夏でも大切な、肌の保湿

夏でも大切な、肌の保湿

◆保湿は1年中行いましょう
赤ちゃんの肌には、大人と同じだけの毛穴があるにも関わらず体は小さいので密集していて、すぐ水分が蒸発してしまいます。乾燥した肌は通常よりもバリア機能が低下してしまいますので非常にデリケート。そのため、ローションやクリームなどでしっかりと保湿してあげることが大切です。

とくに夏はよく汗をかくため水分が失われやすいものの、汗のせいでさわった感じはしっとりしていたりすることが多いので乾燥に気付きにくい季節です。さらに紫外線によるダメージも乾燥の原因となりますので、べた付きにくいローションなどできちんとケアしてあげましょう。ぬる時間は朝と、お風呂あがりの1日2回が目安です。

もちろん夏は紫外線のケアも大切。肌が薄く敏感な赤ちゃんは紫外線の影響も強く受けてしまいますので、外出するときは日焼け止めなどで紫外線対策をするようにしてくださいね。

赤ちゃんの肌はなにもしなくてもツルツルスベスベと思っている人も少なくないでしょうが、皮脂の分泌は不安定ですし、皮膚のバリア機能も未熟なのでとても敏感です。医学的な根拠は不明ですが、赤ちゃんの頃の肌ケアによって大人になってからの肌の状態に大きく差が出てくる、という話もあるほどです。最近は女性だけならず男性も美肌を目指す時代ですので、ぜひ赤ちゃんのころからのケアを心がけてくださいね。