産後のお母さんと赤ちゃんの、知っておくと便利な豆知識

子供が生まれると、それまでの生活がまるで一変してしまうことになります。家族が増えるだけでも大きな変化ですが、まして相手は赤ちゃんです。そこで、ここでは産後の生活について、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 - 産後によくある骨盤の痛みの解消法

産後によくある骨盤の痛みの解消法

◆骨盤の痛みの応急処置はコレ
産後すぐの不安定な状態の骨盤はちょっとしたことでズレてしまい、神経を圧迫して痛みを引き起こします。とくに産後2~3ヶ月はホルモンの影響で体がゆがみやすくなってしまっているので、痛みも頻繁に起こるのだそうです。

まず急にはげしい痛みに襲われた場合は、とにかく患部を冷やすようにしましょう。氷のうが最適ですが、なければアイスノンや保冷剤にタオルを巻いたものやビニール袋に氷と水を入れたものでもOKです。冷やす時間は15分から20分ほどで、凍傷のおそれがありますので20分以上は冷やし続けないようにしてください。初期の痛みはじめによく効く方法で、慢性的な痛みには効果がありませんので注意しましょう。

◆ストレッチで筋肉を鍛えよう
患部を冷やすことは一時的な痛みには有効ですが、ちょっと動いただけで痛みが出てしまう場合だとそうそう冷やしている余裕もありませんね。

そこで、ストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。ストレッチを行うことで衰えてしまった骨盤を支える筋肉を鍛えることができますので、何もしないよりは早く痛みも改善に向かうのだそうです。

方法は仰向けに寝て片膝を直角にもち、反対の足の方向へゆっくりと倒していきます。限界まで倒せたらそこで10秒キープ。ゆっくりと戻し、反対も行ってください。1日何回、ととくに決まりはありませんが、時間があるときやお風呂あがりに行うと効果的ですよ。

さらに、寝ころんだ状態で足の裏をぴったりくっつけるようにする方法も効果的です。どちらも強い痛みを感じたらすぐ姿勢を戻すようにして、無理のない範囲で行ってください。

産後の骨盤の痛みは、出産を経験された人の多くが悩まされる症状です。産後の骨盤矯正を行っている整体院や骨盤ベルトなども活用し、無理のないよう骨盤のゆがみをとることが重要ですよ。